介護食宅配を調べる為の情報を求めているなら、介護食宅配について説明している専用サイトを見てみると良いですよ!非常に重要な介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも詳細に知ることができると思われます。

誤嚥性肺炎を防ぐ

誤嚥性肺炎を防ぐ

「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。沿うした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、少しの量でもバランスよく栄養を摂取可能なご飯を常に意識するといいですね。

あまり気分が乗らないとき、おかゆだけを口にして終わらせてしまってはいないでしょうか。ごはんに比べるとおかゆは水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)が多いので、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。もしもおかゆを食べるのであれば、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、不足しているカロリーと栄養をきちんと補ってあげましょう。

病院食に見られる特長は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、美味しさもその見た目もあまり良いものではありませんでした。

入院している高齢者の方の食があまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、家でご飯を用意する際は病院食と同じ類のごはんは出さないと心に誓いました。

病院内で摂食嚥下障害分野に特化している看護師さんに退院後のご飯についてアドバイスをもとめたら、柔らかいものであれば何でも好きなものを食べても良いと言われました。

毎食ごとに小分け冷凍しておくと便利だと気づいたんです。見た目が良くて美味し沿うな介護食を前にすれば、当然食欲も出ます。

どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、見た目や味付けが悪いと、食べたいという気持ちがなくなってしまいます。無理なく口に運べるか、喉を通りやすいかなど安心して食べられるように考えられています。

高齢者は唾液が分泌されにくくなるため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。

沿うは言ってもむせ込みの原因として水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)の多さも挙げられるので、口にしやすい材料を使って、ご飯に無理のない形状に創り変えます。体力、そして抵抗力のなさを感じない体を保つためにエネルギーを、げんきに動ける骨格筋を保つために質のよいタンパク質の多く含まれているものを積極的に摂るようにしましょう。

そして良質なたんぱく質として真っ先に挙げられるのは卵と豆腐ですので、もし肉や魚が上手に食べられない人は、そのかわりに卵や豆腐を食べることでタンパク質を十分に摂取する事が出来ます。たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまた違う栄養素、たとえばアミノ酸やビタミン・ミネラルの種類が豊富なので、毎日食べる食品の種類が多ければ多いほど、年齢を重ねても衰えることなく、長生きできる沿うです。老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理担当が作ったお料理を用意していますが、上手に嚥下や咀嚼ができない方の場合は、その方にあった調理方法で調理することが重要なのです。

老人ホームによっては、どの料理も見た目にさほど差のないペースト状のご飯ではなく、料理の見栄えを大切にしつつまあまあ簡単に舌を使って食べられる「ソフト食があり、上手に噛向ことや飲向事が出来ない方でも、美味しく食べられる調理法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。最近、高齢者ではフレイル(虚弱)という概念が注目されています。

フレイル、それは以前に比べて体重が落ちた、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、このまま悪化してしまうと要介護の状態になってしまう状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。

このフレイルという状態は、筋肉の量が減ってしまうことを指す「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、さらに悪化すると寝たきりの状態になってしまう可能性が高いといいます。

そしてこの負の連鎖をを引き起こしているのが栄養不足なのです。

加齢や怪我そして病気などによって、固いものが上手に食べられない、水分(動物は水分をこまめに補給しないと、脱水症状になってしまうといわれていますね)が飲みこみづらいといったご飯の悩みが出てきます。

どんな状況においても楽しくご飯ができるように介護用食品は、食べやすさを第一に考えて造られた商品や、少ない量で十分な栄養が取れる商品などが用意されています。介護をする方にとって、安心して食べられるご飯を用意することは簡単なことではありません。介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、献立の悩みを解消できたりします。

介護をうける方も、介護をする方も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみて下さい。歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、嚥下や咀嚼もだんだんと難しくなっていきます。

若い頃平気で食べていたものを思ったように食べることが困難になり、よく飲み込んだときにむせてしまい、誤って食べ物が気管に入り「誤嚥性肺炎」を引き起こす可能性があります。

多くの高齢者は若い頃と比べて食べたいという気持ちが少なくなるため、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、あまり多くの量を食べなくなり健康的とはいえない状態になってしまっていることがあります。

口にしやすい介護食を創るため、そして介護する側もご飯を用意する負担を減らすためにも、それ専用の調理器具は必要不可欠です。介護食にみられる大切な点は、やわらかさ、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。

フードプロセッサーは少ない水の量で食材を細かく切ったり、さらに細かくペースト状にしたりなど、簡単に調理ができるようになります。そのほかにもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。

よりなめらかな方が好ましい場合には、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。食べる機能は加齢や疾患によって低下します。

ご飯が思うようにできない方のために介護食があるのですが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。問題なくご飯をするための目安として介護食は程度によって分けられています。

どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドを普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、各レベルに食物の形態や、やわらかさなどの条件を基準化することで、病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で問題なくご飯を行うためにとても役立つ指標です。

関連記事

Copyright (c) 2014 介護食・やわらか食を宅配してくれる会社7選 All rights reserved.