介護食宅配を調べる為の情報を求めているなら、介護食宅配について説明している専用サイトを見てみると良いですよ!非常に重要な介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも詳細に知ることができると思われます。

食べる方の噛む力や飲み込む力に合わせた介護食

食べる方の噛む力や飲み込む力に合わせた介護食

「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、美味しいものを食べたいという考えがなくなり簡単に食事を済ませてしまうことが多くなります。

そうした場合は、手間のかからない食べ物を加えるなど、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれた食事をすることがとても大事です。

食事をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、茶碗一杯分のエネルギーは、ごはんと比べてなんと半分以下しかありません。そのためおかゆと伴に、その他の食材を上手く組み合わせて、足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。

フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、何も手を打たないままだと要介護の状態になる怖れが十分にある状態のことです。そしてフレイルの状態から、筋力衰えてしまうようすをさす「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉などの衰えが原因となって歩くことや日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、さらに悪化すると寝たきりの状態に繋がってしまいますね。これらすべての原因となっているのが栄養不足なのです。

年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、水分を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。介護用食品はいつまでも食事を楽しんでもらう為に、いかに食べやすいかを重要視した商品や、足りない栄養素を十分に補える商品などが用意されていますね。介護をする方にとって、安心して食べられる食事を用意することは簡単なことではありません。介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、日々頭を埋め尽くす献立の問題も解消できるかもしれません。

介護をうける方もその家族も、どちらも幸せになれる介護食品をぜひ使ってみて下さい。老人ホームの食事は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、調理担当が作ったお料理を用意していますねが、嚥下(飲み込み)や咀嚼(噛む)の機能が低下している方の場合は、それぞれに合わせて調理することが大事です。

そしてさらに施設によってはどんな食材かわからないほど細かく刻まれた食事ではなく、食べ物の形がありますが舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、たとえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、味わって食べられる造り方を教えてくれる老人ホームもあります。

口にしやすい介護食を作るため、そして介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、調理器具を使うことを御勧めします。介護食の特質を挙げるとすれば、柔らかさ、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。

フードプロセッサーは少量の水で食材を細かく刻んだり、ペースト状などにもできるため、調理の大きな手助けになります。

また食べにくいものを潰すためにマッシャーやすり鉢を使うこともできます。

さらになめらかにするときには、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。

介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。

どれだけ無理なく食べられるかにとらわれ過ぎて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食べたいという気持ちがなくなってしまいますね。口の中でまとまりやすいか、飲み込みやすいかなど安心して食事ができるように最大限の工夫がなされていますね。

年齢と伴に唾液も造られにくくなるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。

その反面、水分が多過ぎてしまっても、むせてしまうこともあるため、食べやすい食材を使用し、食べやすい形状に加工します。

病院で出される食事は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、当然美味しそうには見えず、味もあまりよくありませんでした。

入院中のお年寄りのごはんが進まなかったのは噛めないのではなく、その原因のほとんどが見た目の悪さや味の悪さなので、自宅で作る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなごはんは出さないと心に誓いました。

入院先で摂食嚥下障害専門の看護師さんに退院した後の食事について伺ったら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。

介護食を毎食ごとに冷凍しておくと食事準備に手間取らないと分かりました。歳を取ることでみられる顔まわりの筋肉の衰えや歯がもろくなってしまうことにより、飲み込んだり噛んだりする力も衰えてきます。若い頃平気で食べていたものを上手く食べることができず、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、最悪の場合、誤って食べ物が気管に入ってしまったことで「誤嚥性肺炎」を引き起こすこともあり得ます。その他お年寄りにみられる特質として、若い頃よりも食欲がなくなるため、食べられるものが食べやすい食材などに限られてしまったり、あまり多くの量を食べなくなり栄養不足になっていることがあります。

年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。食事が思うようにできない方のために介護食がありますが、機能の低下など人それぞれです。不安がなく食事をするための目標の手掛かりとして介護食はすべての方に合わせてレベルが分けられていますね。

嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によって異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで外に出ることが困難な方でもご家庭で安心して食事をとることができるようになるものです。

年齢を感じさせない体力と健康を維持するためにカロリーを、 関節周りの筋肉量を維持するために良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材を食べるようにしましょう。たとえば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多く含まれている食材なので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、たんぱく質を摂るために、卵や豆腐を食べることを御勧めします。そして肉や魚から摂取できる動物性たんぱく質には色々なアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、沢山の品目を毎日食べている人は、歳を取っても活動範囲が狭まることもなく、長生きできるそうです。

関連記事

Copyright (c) 2014 介護食・やわらか食を宅配してくれる会社7選 All rights reserved.