介護食宅配を調べる為の情報を求めているなら、介護食宅配について説明している専用サイトを見てみると良いですよ!非常に重要な介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも詳細に知ることができると思われます。

介護食は「一緒に食べる」と美味しい

介護食は「一緒に食べる」と美味しい

介護食は食べやすい形にすることがとても大切ですが、また、ケアをする側の負担を減らすためにも、調理器具を使うことをお勧めします。

介護食の特性は柔らかく、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。フードプロセッサーを使えば、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、すりつぶした状態にするなど必要な用途に合わせて使えるので役にたちます。

マッシャーやすり鉢で食べにくいものをつぶす事が出来ます。さらになめらかにするときには、裏ごし器を使うと粒粒感がなくなります。

病院食に見られる特性は、料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、美味しさもその見た目もあまりよいものではありませんでした。

入院している高齢者の方の食がスムーズに行かなかったのは咀嚼が難しいためではなく、多くが見た目や味の悪さなので、家で食事を用意する際は病院食と同じ類のものは絶対に出さないと決めました。

病院内で摂食嚥下障害分野に特化している看護師さんに退院後の食事についてアドバイスを求めたら、どんなものでも柔らかくすれば食べられると教えて貰いました。少しずつ分けて冷凍保存しておけば、忙しいときでもすぐに食事の用意ができることに気づきました。年齢の変化や病気によって食べる機能は低下します。食事が思うようにできない方のために介護食があるものの、食べる力は人によって異なります。

安心してごはんが食べられるような手掛かりとして介護食はレベル別になっています。

嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によってわかりやすく普通食から嚥下食まで6つに分け、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、外に出ることが難しい方でもご家庭で安心して食事を取ることができるようになるものです。

近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。フレイルというのはつまり、体重減少、疲労感の強さ、筋力の低下などの特性が見受けられ、このまま悪化してしまうと要介護の状態になってしまう状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや日常の生活を送る上で大変な問題を起こす「ロコモティブシンドローム」、最悪の場合起き上がることさえ難しい状態になってしまう可能性が高いといいます。

これらすべての原因となっているのが栄養不足なのです。

「あまり食欲がない」「食べにくい」と感じることが増えると、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。

そんなときは、身近にある食品をプラスして、立とえ少ししか食べられないとしてもバランスのよい食事を心がけましょう。

食欲がないとき、「おかゆを食べていればだいじょうぶ」と思っていませんか?おかゆを作る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、そのエネルギーは、立とえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。もしもおかゆを食べるのなんだったら、他にもいくつか栄養のある食材を食べることで、足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、飲み込む力(嚥下力)や噛む力(咀嚼力)が衰えてきます。

若い頃平気で食べていたものを食べることが難しくなり、飲み込むときに喉につかえてしまうことが多くなり、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう恐れもあります。そして、主な高齢者は若い頃に比べて食欲が低下するため、あまり難しいく食べられるものに絞って食べてしまいがちになり、一度にあまたの量を食べられなくなり栄養が偏った状態になっている恐れがあります。

歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや水気の多いものが飲み込みづらいといった問題に直面します。介護用食品はいつまでも食事を楽しんでもらう為に、どれだけ簡単に食べられるかを考えられた商品や、少量で栄養を補給できる商品などがあります。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。

介護をする側もされる側も、どちらにおもったより嬉しい介護食品を使わない手はないでしょう。介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、食事本来の楽しみである見た目や味に魅力が感じられないと、食べたくない気もちが大きくなってしまうのです。

食べる動作に無理は生じないか、喉を通りやすいかなどの安全性や食べやすさについて慎重に考えられています。年齢と供に唾液もつくられにくくなるため、口に含んだときに、口の中が乾いてしまうようなものは食べづらいです。とはいえ水分が多く含まれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、食べやすい材料を使って、食べやすい形に創り変えます。老人ホームの食事は栄養士が栄養管理した献立を創り、それの通りに調理された料理を提供していますが、上手に嚥下や咀嚼ができない方の場合は、それぞれに合わせて調理することが大切です。

老人ホームによっては、きざみ食・ミキサー食のように流動的なものではなく、「ソフト食」と呼ばれる、食べ物の形もはっきりとしてなおかつ舌で簡単に押しつぶせる料理があり、上手に噛向ことや飲向ことができない方でも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を提供している老人ホームもあります。

体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、元気に動ける骨格筋を保つために良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材を食べるようにしましょう。

質の良いタンパク質の例として卵や豆腐が挙げられるので、肉や魚が食べにくい人は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂るといいと思います。

また肉や魚にも卵や豆腐とは異なる栄養素、たとえばアミノ酸やビタミン・ミネラルの種類が豊富なので、多くの食材を毎日取っている人はそうでない人と比べて歳を取っても活発に活動ができ、他の人よりも長生きできるということも分かっています。

関連記事

Copyright (c) 2014 介護食・やわらか食を宅配してくれる会社7選 All rights reserved.