介護食宅配を調べる為の情報を求めているなら、介護食宅配について説明している専用サイトを見てみると良いですよ!非常に重要な介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも詳細に知ることができると思われます。

高齢者の「食」にこだわる重要性

高齢者の「食」にこだわる重要性

介護食の見た目は、食べたいという気持ちを出すためにとても重要なことです。

どれだけ楽に食べられるかを重視しすぎて、見た目や味付けが悪いと、食べたくない気持ちが大聴くなってしまいます。

食べ物がひとまとまりになりやすいか、飲み込みやすいかなど安心してご飯ができるように最大限の工夫がなされています。お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、口に食べ物を含んだときに、口内の水気を取ってしまうよう食べ物は食べにくいです。

一方で水分が多すぎても、むせこみやすくなってしまうので、口にしやすいものを使って、美味しく食べられるように加工します。

介護食は無理なく食べられる状態にすることに加え、介護する側も介護食を作る負担を軽減するためにも、それを作るための器具はとても役に立ちます。介護食の特徴を挙げるとすれば、柔らかさ、舌触りの良さ、そして噛みやすい大きさです。立とえ水が少なくてもフードプロセッサーを使えば食材を刻んだり、ペーストにするなど形状に合わせて使用できるので便利です。

その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することもできます。

さらになめらかにするときには、つぶつぶ感をなくすために裏ごし器を使うのも良いでしょう。一般的に病院食といえば完成された料理をそのまま流動食にしたものが主で、美味しさもそのみためもあまり良いものではありませんでした。入院している高齢者の方の食があまり芳しくなかったのは噛めないからではなく、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、自宅でご飯の用意をするときは、病院食のようなみためも味も悪いものは絶対に出さないと決めました。病院で摂食嚥下障害を専門に診ている看護師さん自宅に戻ってからどのような介護食を用意すれば良いかと伺ったら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。

少しずつ分けて冷凍保存しておけば、忙しいときでもすぐにご飯の用意ができることに気づきました。

老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランスを考えた献立を考え、それの通りに調理された料理を提供していますが、うまく嚥下や咀嚼ができない方の場合は、その状態に合わせて調理されたものものが必須です。老人ホームによっては、どの料理も見た目にさほど差のないペースト状のご飯ではなく、「ソフト食」という見た目は食べ物そのままですが舌を使って簡単に押しつぶすことができるものがあり、立とえ飲み込みや噛む機能が低下したかたでも、いかに美味しく食べられるかをことを考慮した調理方法を提供している老人ホームもあります。体力と抵抗力を保つためにエネルギーを、骨格筋の動きの良さを保つために良質なたんぱく質を摂取しましょう。卵や豆腐は消化のよい良質なたんぱく質なので、もし肉や魚がうまく食べられない人は、卵や豆腐で変りに補うことができます。たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまたちがうたくさんの種類のアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが含まれているので、毎日いろんな食品を食べている人は高齢になっても筋力などの衰えが少なく、長生きできるそうです。近頃、お年寄りの間で注目されている問題は、フレイル(虚弱)というものです。

フレイル、それは以前に比べて体重が落ちた、疲れやすくなった、思うように歩けないといった様子がみられ、どんどん悪化し続けてしまうと介護が必要になる状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。

フレイルの状態から、筋肉量の低下「サルコペニア」や、骨、関節そして筋肉の障害により歩くことや日常生活に支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、もっとひどくなると起き上がることすら難しい状態に繋がることが知られています。

そして十分な栄養を摂らないことこそが、最悪の事態を引き起こす原因なのです。年齢、そして怪我や病気が原因で固いものが食べにくい、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。どんな状況においても楽しくご飯ができるように介護用食品は、食べやすさを第一に考えて作られた商品や、足りない栄養素を十分に補える商品などが用意されています。家庭で介護食を用意するのはとても大変です。

介護用食品で、毎日にゆとりが生まれたり、食べやすい料理をつくる手間も省けます。

介護をうける側も、手助けをする側も、どちらに結構ありがたい介護食品をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。

年齢の変化や病気によってそれまでのようにご飯ができなくなります。介護食は食べる力が衰えてしまった方のためのご飯ですが、ひとりひとり食べる力は変わってきます。不安がなくご飯をするための目標の手掛かりとして介護食はレベル別になっています。

どの程度食べる動作が困難かによって嚥下食ピラミッドを異なる6つの度合いで普通食から嚥下食に分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで外に出ることが難しい方でもご家庭で安全にご飯を行なうために非常に役たつ目安です。歳を重ねるにつれて頬がたるんできたり歯が弱くなると、飲み込む力(嚥下力)や噛む力(咀嚼力)が衰えてきます。若い頃平気で食べていたものをうまく食べることができず、よく飲み込んだときにむせてしまい、「誤嚥性肺炎」という食べ物が誤って気管に入ってしまったことが原因でなる病気になってしまう可能性もあります。他には、ほとんどのお年寄りは食べることに対する興味が若い頃に比べてなくなりますので、柔らかいものなど簡単に食べられるものばかりを食べてしまったり、そもそもの食べる量が少なくなったりして体の中に栄養が行き届いていない状態になっていることがあります。

食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、あえて手の込んだものは作らなくなってしまいます。

そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、たくさん食べられなくても栄養バランスのとれたご飯をすることがとても大切です。あまりご飯をしたくないとき、おかゆを食べただけで満足してはいないでしょうか。ごはんと比べたらおかゆは水分が多いので、そのエネルギーは、立とえごはんと同量だとしてもその半分にも満たないのです。なのでおかゆだけを食べるのではなく、ほかの食材も摂るようにすることで、意識(寝不足だったりすると、保つのが難しくなりますね)して十分でないエネルギーや栄養を補うようにしましょう。

関連記事

Copyright (c) 2014 介護食・やわらか食を宅配してくれる会社7選 All rights reserved.