介護食宅配を調べる為の情報を求めているなら、介護食宅配について説明している専用サイトを見てみると良いですよ!非常に重要な介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも詳細に知ることができると思われます。

介護食を作るときのポイント

介護食を作るときのポイント

近頃では、お年寄りのフレイル(虚弱)状態が問題視されています。フレイルとは、体重が落ちたり歩いてもすぐ疲れてしまうといった様子がみられ、このままでは要介護の状態になる可能性が高い事をいうのです。

そしてフレイルの状態から、筋力衰えてしまうようすをさす「サルコペニア」や、骨や関節・筋肉の機能が低下することによって歩くことや日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、そしてさらには起き上がるのも厳しい状態に繋がることが知られています。そして十分な栄養を摂らないことこそが、最悪の事態を引き起こす原因なのです。

一般的に病院食といえば完成された料理をその通り流動食にしたものが主で、当然美味し沿うには見えず、味もあまりよくありませんでした。入院中の高齢者の方のご飯が思うように進まなかったのは噛むことが難しいからではなく、見た目や味の問題がほとんどなので、自宅で造る際には料理を丸ごとミキサーにかけるようなものは絶対に出さないつもりです。

入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、食べやすい形状のものであれば何でも食べられると教わりました。介護食を毎食ごとに冷凍しておくとご飯準備に手間取らないと分かりました。

加齢や怪我そして病気などによって、固いものが上手く食べられない、水気のあるものが飲み込みにくいといった問題が出てきます。

介護用食品はいつまでもご飯を楽しんで貰う為に、いかに食べやすいかを重要視した商品や、少ない量で不足している栄養を補える商品などがあります。ご自宅で介護食を造ることは、介護をする側にとってとても負担が大きいです。

介護用の食品で、心の負担が軽くなったり、何を造るか頭を悩ませる必要もなくなります。介護をうける側も、手助けをする側も、どちらにすさまじくありがたい介護食品をぜひ使ってみてはいかがでしょうか。年齢の変化や病気によってそれまでのようにご飯ができなくなります。

介護食は食べる力が衰えてしまった方のためのご飯ですが、食べる力は人によって異なります。

不安がなくご飯をするための目標の手掛かりとして介護食はすべての方に合わせてレベルが分けられています。嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によって普通食から嚥下食まで異なる6つのレベルに分け、食べる力がどの程度かに合わせて、食物の形や柔らかさなどを同じにすることで病院や施設に行くのが難しい方でもご家庭で安心してご飯をとることができるようになるものです。より食べやすい介護食を造るために、また出来るだけご飯を用意しやすくするためにも、調理器具を使うことを御勧めします。

介護食の特徴を挙げるとすれば、柔らかさ、なめらかな状態、噛みやすいサイズです。

フードプロセッサーを使えば、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、すりつぶした状態にするなど必要な用途に合わせて使えるので役にたちます。

その他にもマッシャーやすり鉢を使って食べにくいものを調理することも可能です。

それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。加齢にともない顔まわりの筋肉が衰えたり歯が弱くなったりすると、飲み込む力(嚥下力)や噛む力(咀嚼力)が衰えてきます。

以前食べていたものを食べることが難しくなり、飲み込むときにむせることが増加して、「誤嚥性肺炎」という食べ物が誤って気管に入ってしまったことが原因でなる病気になってしまう可能性もあります。また、高齢者は一般的に若い頃よりも食欲が低下するため、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、食べる量そのものが減ったりして栄養が偏った状態になっているおそれがあります。高齢者のための施設でのご飯は栄養士が必要な栄養素を考慮したメニューを造り、丁寧に調理されたものを出していますが、飲み込むことや噛む力が特に低下している方の場合は、その方にあった調理方法で調理することが大事です。

老人ホームによっては、ミキサーなどの器具を使ってつくられた流動食ではなく、「ソフト食」という見た目は食べ物その通りですが舌を使って簡単に押しつぶすことができるものがあり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、どれだけ食べ物を味わって食べられるかに焦点を当てた調理法を老人ホームによっては提供しています。疲れにくく病気になりにくい体を維持するためにエネルギーを、ゲンキに動ける骨格筋を保つために意識して良質なタンパク質を摂ることを御勧めします。そこで良質なタンパク質を効率よく摂取できる食材として御勧めできるのが卵と豆腐ですので、もし肉や魚を食べることが難しい方は、卵や豆腐から不足しているたんぱく質を摂ると良いでしょう。

また肉や魚にも卵や豆腐とは異なるアミノ酸やビタミン・ミネラルなどが含まれており、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、長生きであるという調査報告もあります。

食べることに楽しさが見出せず食べにくさばかりを考えてしまうと、どうしても簡単なメニューですませてしまいがちに。沿ういうときは、すぐに用意できる食品を足して、たくさん食べることが難しくても、どの食材を加えれば効率よく栄養がとれるのか考えるということを忘れないようにしましょう。

ご飯をしたい気分ではないけれど食べなければならないとき、おかゆに頼ってしまっていませんか?おかゆを造る工程で使われる水の量はごはんよりも多いため、一杯くらいでは、同量のごはんを食べた時のエネルギーには到底及びません。おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫で足りないエネルギーと栄養を補っていきましょう。介護食の見た目で食欲が出るか、なくなるかは変わってきます。飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、見た目や味付けが悪いと、食べたくない気もちが大きくなってしまいます。

食べる動作に無理は生じないか、飲み込みやすいかなど安心してご飯ができるように最大限の工夫がなされています。

年齢と供に唾液持つくられにくくなるため、口に食べ物を運んだ時、水分を吸収してしまう食べ物は食べにくいです。

とはいえ水分が多く含まれていると、むせてしまう可能性が高くなるので、口にしやすい材料を使って、ご飯に無理のない形状に造り変えます。

関連記事

Copyright (c) 2014 介護食・やわらか食を宅配してくれる会社7選 All rights reserved.