介護食宅配を調べる為の情報を求めているなら、介護食宅配について説明している専用サイトを見てみると良いですよ!非常に重要な介護食宅配の情報を、どんなウェブページよりも詳細に知ることができると思われます。

宅配の介護食には足りない栄養素を十分に補える商品がある

宅配の介護食には足りない栄養素を十分に補える商品がある

歳を重ねること、そして怪我や病気をするこが原因で、固いものの食べづらさや水分を飲み込むのが難しくなるというような悩みが出てきます。介護用の食品にはご飯に対するどんな悩みでも解消できるように、いかに食べやすいかを重要視した商品や、足りない栄養素を十分に補える商品などが用意されています。

家庭で介護食を造ることは決して容易なことではありません。介護用食品によって、ひと息つく時間が生まれたり、献立についての日々の悩みを少し軽くできるでしょう。当事者も身の回りのお世話をする方も、みんなが幸せになれる介護用の食品を活用することを強くお奨めします。

疲れにくく病気になりづらい体を維持するためにエネルギーを、元気に動ける骨格筋を保つために質のよいタンパク質の多くふくまれているものを積極的に摂るようにしましょう。

たとえば卵や豆腐は質のよいタンパク質が多くふくまれている食材なので、一般的によく知られる肉や魚が食べられない方は、卵や豆腐でたんぱく質を摂って下さい。

たんぱく質を摂るためによく知られている肉や魚には、卵や豆腐とはまたちがう多様なアミノ酸、ビタミンそしてミネラルが入っているため、毎日摂る食品の種類が多い人ほど高齢になっても活動能力が高く、その上より長く人生を謳歌できるといいます。食べる側の食欲の有無は、介護食の見た目に関係します。

飲み込みやすさや食べやすさばかりを考えて、見た目も悪く、味もあまり良くないものだと、食欲は無くなってしまいます。食べる動作に無理は生じないか、飲み込みやすいかなど安心してご飯ができるように最大限の工夫がなされています。

お年寄りになると唾液の量が減ってくるため、食べた時に口の中がからからになってしまうようなものは食べにくいです。その反面、水分が多過ぎてしまっても、むせてしまうこともあるので、食べやすい具材を使用して、ご飯に負担のない形状につくり変えます。ご飯を純粋に楽しめなくなってしまうと、献立を考える楽しさも減り、どれだけ簡単にご飯をすませられるかばかり考えてしまいます。

そんな時でも、出来るだけ食品をプラスして、たくさん食べられなくても栄養バランス(食事だけで必要な栄養素を摂れないようなら、サプリメントなどを利用するのも一つの手段です)のとれたご飯をすることがとても大切です。あまりご飯をしたくないとき、おかゆを食べるだけで安心していませんか?おかゆはごはんより水分が多いため、1杯のエネルギーはごはんの半分以下。

おかゆを食べるなら、ほかの食材を加える工夫でエネルギーと栄養をプラスしましょう。

老人ホームのご飯は栄養士が栄養バランス(食事だけで必要な栄養素を摂れないようなら、サプリメントなどを利用するのも一つの手段です)を考えた献立を考え、丁寧に調理されたものを出していますが、特に食べるのが困難な方に対しては、どの形状の料理が最適かを考慮して調理しなければなりません。介護施設によって、どの料理も見た目にさほど差のないペースト状のご飯では無く、見た目は普通食のようですが簡単に舌で押しつぶせる「ソフト食」というものがあり、どんなに噛んだり飲んだりする動作が難しい方でも、ご飯を味わえる調理方法を提案してくれる介護施設も容易に見つけられるでしょう。介護食は無理なく食べられる状態にすることに加え、介護する側もご飯を用意する負担を減らすためにも、調理器具を使用する事をお奨めします。介護食にみられる大切な点は、やわらかさ、口に入れたときに困難なく噛める大きさ、そして食感です。

フードプロセッサーを使えば、大量の水を必要とすることなく食材を刻み、ペーストなどのなめらかな形状にまで対応しているため調理するのが楽になります。そしてマッシャーやすり鉢を使えば食材を潰して食べやすくすることもできます。それでもなめらかさが足りないときは、裏ごし器を使うことで食感の粗さを感じなくなります。病院で出されるご飯は主に、完成した料理を丸ごとミキサーにかけた流動食で、見た目も味も美味しいと感じられないものでした。入院中の高齢者の方のご飯があまり好ましい状況でなかったのは決して噛めないことが原因な訳では無く、ほとんどが見た目や味の問題が原因なので、自宅でご飯の用意をするときは、病院食みたいな見た目も味も悪いごはんは出さないと心に誓いました。

入院先の病院で摂食嚥下障害に関して特に詳しい看護師さんに自宅での介護食の用意の仕方について質問してみたら、噛んだり飲み込んだりするのに負担のかからないものであれば何でもいいと教えて貰いました。

介護食を小分けにして冷凍保存しておけばその都度用意する必要がなくなったら気づきました。

加齢や疾患によって食べる力は落ちてしまいます。介護食はご飯が思うようにできない方のためのご飯ですが、食べる力は人によって異なります。

安心してごはんが食べられるような手掛かりとして介護食はレベル別になっているんです。

嚥下食ピラミッドは食べ物を口に入れてから飲む込むまでの難しさの程度によって普通食から嚥下食までの6段階にレベル分けし、各段階に合わせてそれぞれ食物の形や柔らかさなどを統一することで、病院や施設だけでなく家庭でも問題なくご飯を行なうためにとても役たつ指標です。

歳をとることでだんだんと顔まわりの筋力が落ちてきたり歯が丈夫でなくなったりすると、ものを噛んだり飲んだりする力がなくなっていきます。

以前食べていたものを食べることが難しくなり、飲み込むときにしばしば喉につかえて咳き込んでしまい、気管に食べ物が入ってしまうことで引き起こされる「誤嚥性肺炎」になってしまう怖れもあります。

その他お年寄りにみられる特質として、若い頃よりも食欲がなくなりますので、やわらかい食材など食べられる物が限られたり、食べる量そのものが減ったりして栄養バランス(食事だけで必要な栄養素を摂れないようなら、サプリメントなどを利用するのも一つの手段です)が崩れてしまっていることがあります。

ここ最近、高齢者の間で問題視されているフレイルという状態をご存知でしょうか。フレイルとは、体重の減少・疲れやすさ・歩く速さや筋力の低下などがみられ、このまま悪くなり続けると介護が必要になってしまう状況が近い将来訪れる可能性が高いことをいいます。

このフレイルという状態は、筋肉の量が減ってしまうことを指す「サルコペニア」や、骨や関節そして筋肉が上手に働かなくなったことが原因で歩行や日常のあらゆる行動において支障をきたす「ロコモティブシンドローム」、さらに悪化すると寝たきりの状態になってしまう可能性が高いといいます。この「負の連鎖」の原因となるのが低栄養なのです。

関連記事

Copyright (c) 2014 介護食・やわらか食を宅配してくれる会社7選 All rights reserved.